伝教大師最澄1200年魅力交流プロジェクト

全国行脚分灯式

TOP > 全国行脚分灯式

不滅の法灯全国行脚に関するお知らせ

「不滅の法灯 全国行脚」につきまして、4月2日「分灯式」を皮切りに行脚を開始させていただく予定でございました。しかしながら、昨今の新型コロナウイルスの蔓延により全国の人々の社会生活が大きく制限され、また法灯行脚の目的でもありました宗祖大師の御心に触れていただくことが困難になったばかりでなく、現状のまま行脚を開始させることは、ウイルスの蔓延を助長しかねる恐れがあると判断し、4月2日「分灯式」の後、差し当たっては2ヶ月程度比叡山延暦寺にて法灯を護持保管し、行脚が可能となりました時期より開始することといたしました。
なお、今後につきましては、決定次第ホームページなどで発表いたします。

令和2年4月2日
天台宗祖師先徳鑽仰大法会事務局
伝教大師最澄1200年魅力交流委員会

~1200年の歴史を近くに感じる特別な時間~

1200年の時を超え、伝教大師最澄が灯された「不滅の法灯」が日本全国4地区を旅します

期間 令和2年4月2日(木)
~令和3年6月1日(火)
※約14か月
場所 日本全国天台宗寺院

1200年前に伝教大師最澄が比叡山延暦寺にて「明らけく 後の仏の御世までも 光りつたへよ 法のともしび」と願って灯され、今もなお大切に灯し続けている“不滅の法灯”を、令和3年6月に迎える伝教大師1200年大遠忌を機会として、全国のみなさまに伝教大師最澄を近くに感じていただきたいと考え、全国を4地区にわけて天台宗各寺院を行脚します。

不滅の法灯と共に全国を行脚する 特別ご朱印

全国行脚の期間のみ「不滅の法灯」が奉安された寺院だけでお受けいただける伝教大師最澄が残されたご真筆による特別ご朱印を授与します。

※有料
※比叡山延暦寺では分灯式及び帰灯式のみ授与

ありがとうを散華にしたためて一隅を照らす~大切な人への言葉~

全国の天台宗各寺院にて、蓮の華をかたどった2枚の散華をお配りします。1枚は「あなたの一隅を照らす」を記入いただき奉納、1枚は大切な人へとお届け下さい。

※有料
※奉納頂いた散華は令和3年6月4日の御祥当法要にて奉納を予定しています。

不滅の法灯

天台宗を開基された、伝教大師最澄が一乗止観院(現根本中堂)を建立した際、ご本尊である薬師瑠璃光如来の宝前にかかげた灯火。「明らけく 後の仏の御世までも 光りつたへよ 法のともしび」と願いを込めて灯され、1200年以上の間、比叡山延暦寺根本中堂にて灯し続けられている。

伝教大師最澄 1200年魅力交流

「1200年伝承されてきた日本らしさを大切に、これからの1200年に新たな世代が想いを灯す」ために取り組んでいます!

伝教大師最澄が遷化され令和3年(2021)で1200年を迎えるにあたり、宗教の視点から離れた民間や自治体などの専門家による「伝教大師最澄1200年魅力交流委員会」を設立しました。1200年伝承されてきた日本文化の歴史や寺社仏閣などへの新たなファン(共感者)づくりの取組を行うとともに、「大学コラボプロジェクト」を推進しています。

主催
天台宗祖師先徳鑽仰大法会事務局 / 伝教大師最澄1200年魅力交流委員会

お問い合わせ

  • 天台宗祖師先徳鑽仰大法会事務局(天台宗務庁内)077-579-0022
  • 伝教大師最澄1200年魅力交流委員会推進事務局06-6567-9210